美腸活ブログ

たんぱく質の摂り方

味噌

こんにちわ。下松市の美腸活塾です。

本日はたんぱく質のお話です。

たんぱく質の摂り方は、とても重要です。

人間のカラダは水分を除くと、50%がたんぱく質でできています。
お肌も筋肉も内臓も骨もホルモンも髪の毛も‥全てたんぱく質が材料です。
まずは、たんぱく質をしっかり摂りましょう!

ちなみに、日本語で「たんぱく質」という意味の「プロテイン」は、ギリシャ語の「プロティオス」からきていて「最も重要なもの」という意味です。
食事をする=「たんぱく質を摂ること」と言っても過言ではありません。

たくさん摂りたい‼︎たんぱく質ですが、今の時代、内容や質を考えることがとても大切です☆

まず、たんぱく質は2つに分けて考えることが必要です☆
○動物性たんぱく質
お肉、魚、卵、ハム・ソーセージ、乳製品
○植物性たんぱく質
豆腐、納豆、味噌などの大豆製品

現代は、動物性たんぱく質が摂りすぎとなっています。

毎日の食事を考えるときに、お肉、魚、卵がメインになることはあっても
豆腐や納豆がメインになることは少ないと思います。

動物性たんぱく質をひかえて、植物性たんぱく質をしっかり摂りましょう。

なぜなら、動物性たんぱく質は、一緒に脂も食べることになります。
動物性の脂は、アレルギーを促進したり、腸内の悪玉菌のエサになり、腸内環境も悪くなります。
また、手軽でおいしい乳製品は、腸を傷つけるといわれています。

動物性たんぱく質の中でも、特に食べてほしくないものは、
○添加物の多いハム、ソーセージ、ウインナー、ベーコンです。
質のいいハム、ソーセージもありますが、手間がかかっている分、高いはずです。
加工しているのに、原料のお肉よりも安いものはおかしいと思いませんか?

そして、植物性たんぱく質をしっかり摂りましょう☆
植物性たんぱく質で、たんぱく質を必要量摂ろうとすると、かなりの量が必要です。
一日に必要なタンパク質を豆腐だけで摂ろうとすると、一人豆腐約3丁‼︎
納豆だと、一人約5パックです‼︎
毎食、大豆製品を食べていますか?

納豆がいい、豆腐がいい、豆乳がいい!と言っても、何でもいいわけではありません。
今の大豆製品は、遺伝子組み換え大豆や添加物の問題があります。
例えば、豆腐もいろんな値段、いろんな種類があります。
安い豆腐だと、大豆5粒ぐらいを添加物や膨張剤で膨らませて作られているそうです。
こんな豆腐では3丁食べても足りません。

こんな時代なので、大豆製品だけで植物性たんぱく質を摂ることがとても難しいです。
質のいいソイプロテインを摂り入れることも手段の一つと思います。

大豆食品もプロテインも、食べ物を選ぶときには、誰がどんな材料でどのように作ったものか‥が重要です。
外食する際も、そこで作っているお店なのか、工場で作ったものを温めて出すお店なのかを選ぶことで、全然違ってきますよね。

とっても大切なたんぱく質。

質のいいたんぱく質をバランスよく摂って、美腸活に繋げていただけたらと思います。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on pinterest

最近の投稿

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
PAGE TOP