美腸活ブログ

食べすぎる前に知っておきたいこと

こんにちわ😊下松市の美腸活塾です。

今年の年末年始は冷え込みそうですね。
色んな意味で籠りがちになりそうな年末年始。
ついつい食べすぎてしまいがちです💦

食べすぎてしまうと、胃腸に負担がかかっていろんな不調をまねきます。


「たまには美味しいものをたくさん食べたい!」
そして「いつまでも美しく健康でありたい」欲張りなアナタ♡

まずは、「食べすぎたらカラダはどうなるか」

そして、「食べすぎた後のリセットの方法」を知ることが大切です

食べすぎると…

①基礎代謝が低下→太る
 食べすぎるのは、たんぱく質、糖質、脂質です。
逆に、野菜(ビタミン、ミネラル)が不足します。
代謝の時に必要なのが、ビタミン、ミネラル。

お肉を10食べても、代謝のビタミンが3しかなかったら、
3までしか代謝できません💦
代謝しきれなかったものは、脂肪となってカラダに蓄積します。
また、腸内の悪玉菌のエサになり、腐敗をすすめてしまいます。


②冷える
 食べすぎると、胃腸に血が集中し、他の臓器や細胞への血液供給量が低下するので、冷えてしまいます💦
また、だるさや疲労感を感じることもあります。冷えることで更に代謝が落ちます。


③於血(血液ドロドロ)
 腸には、浄血作用があります。
食べすぎたり飲みすぎたりすると、浄血作用がうまくいかず、
血液中の脂質や糖質が増えてしまいます。
体全体が酸素・栄養不足になってしまって、様々な不調をひきおこします。


④肌荒れ
 東洋医学では「お肌は腸の鏡」と言います。
食べすぎると、消化・吸収・排泄がうまくいかず、
腸の中に毒素や老廃物がたまります。
肌は排泄器官の一つなので、
肌トラブルは、腸の中の毒素や老廃物の排泄です。

このように、食べすぎは不健康への悪循環になってしまいます💦

☆美味しいものをたくさん食べるときには…


「よく噛んで食べる」ことをオススメします。

よく噛むことで、食べ物が細かく噛み砕かれ、
糖質の消化酵素アミラーゼが含まれる唾液の分泌もよくなります。
糖質と唾液がよくまじることで、糖質の分解が始まり、
胃での消化も効率的に行われるので、腸での消化・吸収もスムーズに行われます。
噛むことで満腹感も増します😊

また、代謝を助ける栄養素「ビタミン・ミネラルを食べる意識を!」
「お肉を食べたら、野菜を3倍食べましょう!」というのは
熱源栄養素を食べたら代謝するために、
しっかり保全栄養素のビタミン、ミネラルを摂りましょう!
ということなんですね。

食べすぎてしまったときはリセットしましょう!

東洋医学では、「吸収は排泄を阻害する」といいます。
食べすぎた後に、更にご飯の時間だから…食べてしまうことで、消化吸収に集中して、排泄がうまくいかなくなります。
食べないことで疲れた胃腸の疲れがとれるので、シンプルですが「小食」
または朝食をぬく「プチ断食」もオススメです。
食事をいったん休んで、胃腸の疲れをとり、老廃物を出し切りましょう。


そして、胃腸に優しいお食事を。
野菜や海藻たっぷりのお味噌汁はいかがでしょうか?
ビタミン、ミネラル、食物繊維たっぷり!
腸内の善玉菌が喜ぶ発酵食品のお味噌で、
胃腸も心もホッとしましょう

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket
Share on linkedin
Share on pinterest

最近の投稿

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
PAGE TOP